神尾弁当

トップページ > お客様の声

お客様の声

最終新幹線に入れてください。

仕事でよく燕三条に出張しています。燕三条駅には何も売っていないし、大 体最終の新幹線に飛び乗るので、車内で駅弁を購入してます。

今まで、最終はMAXだったので、5号車の売店から乗車し、御社の「ばんえつ物語」を買ってか ら自分の席へ移動していました。このお弁当があるときは、必ず買ってました。毎週のように食べていました。混ぜごはんにバランスの良いおかず。さらにイク ラまで入って900円は安いです。しかも味も素晴らしい。私が今まで食べた駅弁の中ではかなり上位です。思わずパッケージのURLを切り取ってしまったく らいです。しかし、ダイヤ改正でMAXではなくなり、ワゴン販売を待つしかありません。しかも、ワゴン販売はありきたりの幕の内か酸っぱいだけの御寿司。 御社のお弁当は見かけません。かなりショックです。お弁当が売り切れのときもあります。どうか、最終の新幹線でも「ばんえつ物語」を販売してください。近 いうちにJR東日本にも投稿するつもりです。

一ファン

【神尾弁当からのコメント】

ご意見を頂き有り難うございます。燕三条より最終新幹線にお乗りになると の事ですが、とき342号でしょうか? 残念ながらとき342号ですと、通常の積込は無く、時々臨時積込にて当社のお弁当を積み込む場合もありますが、ほ とんど積込は無い現状です。しかし、社内販売をされております会社に確認したところ、予約品扱いということで、乗車当日13時までに当社にお電話にてご予 約いただけましたら、最終新幹線とき342号の7号車引き取りで(SLばんえつ物語弁当)の予約販売を出来るとの事ですので、お手数ですが、ご利用予定が お決まりになりましたら、当社までご一報いただけますようお願い致します。
また、SLばんえつ物語弁当を毎回ご購入いただき、誠に有り難うございます。これからも、(一ファン)様のご意見を励みに、おいしいお弁当をつくってまいります。

神尾弁当部 スタッフ

メールの御返事有り難う御座います。

前回の小生のメールに対して即答のメール有り難う御座いました。つい文章 が昭和40年代の華やいでた国鉄新津駅の頃の話題になり、肝心な御社の駅弁名を記載するのを忘れてました、食べた駅弁名は(SL弁当)です。

ご飯はふっく ら炊きあがって美味しく、おかずも鮭・いくら・ホタテ・ニシン等多く酒の肴にも十分満足です。

ただ残念な事にその日は私の本命の竹の容器に入っている鮭す しが売り切れだった?、この鮭すしには私なりに色々思い出がある駅弁なのです、故郷を離れ上京しホームシックに罹った時、横浜のデパートで全国有名駅 弁大会が開催されていて何気なく寄って見たら売場の小間に信越本線新津駅 鮭すし とのれんが掲げており、思わず速攻で購入致しました。

当時1ケ500円と記憶してます、(昭和50年頃)他の鮭すしとはひと味違い酢飯がとても美味し い・・・それに和を掛け竹の器がとてもマッチしています。我が家皆大ファンで新潟のお土産に必ず買って帰る一品です。最近新津・新潟駅でもあまり見かけま せんが?今度メールにて御注文致します。又、創立105年おめでとう御座います。

創立105年を記念し限定駅弁を販売して見てはいかがでしょうか?たとえ ばSL弁当のパッケージを過去の新津駅停車中の現役当時のSL写真(C571・D5182・D51498等何れも旧新津機関区に過去配置有)とか又、 旧新津駅舎など期間限定でパッケージの写真を換え ばんえつ物語号運転日に販売すれば鉄道ファンには受けると思いますヨ?写真なら多少提供致します。

新津駅と神尾駅弁大好

【神尾弁当からのコメント】

メールをいただき、有り難うございます。ご意見の中に、竹の容器に入っ た、さけずしとありましたが、最近では本物の竹が少なくなり、当社ではやむなく本物の竹容器からプラスチックの竹容器に変更しております。

プラスチック容器に変えてから、お買い求めのお客様より、あの本物の竹がよかった。。。との、ご意見も頂くのですが、衛生上の観点などからも、衛生的なプラスチックに なっております。

しかし、なんとか本物のように。。。という、気持ちをこめてつくった竹容器ですので、この*新*竹容器もお弁当と共に可愛がっていただけ たら、と思っております。また、ご意見いただいたように、なつかしの新津駅舎の件も今後考えて行きたいと思います。私自身もあの古い駅舎が無いのは残念な思いですが、当社は、昔ながらのお弁当も残しつつ、新しいお弁当つくりをしてまいります。立売も新津駅で行っておりますし、秋から春にかけては、全国の スーパーなどにも、新潟の味をお届けしております。どこかで、(駅弁まつり)を見かけましたら、是非覗いてみて下さい。

当時の新津駅弁そのままの美味

先日、ばんえつ物語号乗車の際、新津駅3番ホームで御社の立ち売りさんか ら駅弁と酒を購入しました。新津駅発車と同時に食べましたどこか懐かしい味がしてとても美味しかったです。

又、おかずも多いので酒の肴にもなりました。列 車の始発が新潟なので新潟でも良かったのですが、自分は新津駅の方が好きなので新津駅まで我慢して長い停車時間の合間に購入しました。

約33年前の新津駅 は今とは違い県内中心的鉄道の駅でした。又、信越本線・羽越本線・磐越西線の分岐駅でもある為、優等列車が多数発着し、始発の蒸気機関車けん引の鈍行列車 も多数ありました。ホームでは列車が到着する度、ベントー ベントーと御社の立ち売りさんが数種類の駅弁を販売していたのが記憶にあります。列車で旅をするのが大好きなので日本全国色々な駅弁を食べましたが、や はり☆新津駅神尾駅弁さんが駅弁日本一☆です。

これからも鉄道の街新津駅の老舗神尾駅弁さんの益々の発展お祈り致します。

五十嵐 仁

【神尾弁当からのコメント】

メールありがとうございます。明治30年、新潟駅が開通した頃から駅弁を 販売させて頂き、20人位で立売をしていましたが今では、1人で窓も開かない電車に向かって弁当売りをしています。

創立105年になり、新幹線も通らなく 利用客も減りましたが、皆様各地方からいらっしゃる方々に昔を少しでも懐かしんでもらえたら、と思い今現在でも立売をがんばっております。神尾弁当は、年 中無休で8時~17時まで営業しており、地方発送もヤマトにて前日夕方発送し、翌日のお昼には、お召し上がりになれます。毎年1品新商品をだし、商品も多 数ございますので、ぜひ、お楽しみくださり、何かご意見ご感想を頂けたら幸いとおもいます。

貴重なお言葉有り難うございました。

昔の神尾駅弁

昔の事を教えて下さい。

宮原 徳斗

【神尾弁当からのコメント】

当社は明治30年創業以来、戦前、戦後を通じ駅弁製造販売に従事し、幾多 の変遷を経て今日に至る創業百年の歴史を持つ県内では、老舗の駅弁会社です。明治30年11月20日、北越鉄道が沼垂から一の木戸までの第一番列車午前6 時発車を期して創業しました、当時は今のような売店などはなく立ち売り営業での販売にて旅客サ-ビスに努めました。

明治38年に新津がこれから起点の駅となる事から新津に移転し新津駅と共に現在に至っています。

おいしかったです。

昨日、数年振りに新津駅を訪れ、駅に売り子さんがいなかったので、駅前の御店で「ひらめずし」を買いました。

帰宅後、新潟駅で購入した三新軒さんの「まさかいくらなんでも寿司」といっしょに食べました。
どちらもそれぞれに美味しかったけど、ひらめがやや勝ってたかな。

食べ方ですが、私はほとんど何もつけずに食べました。ひらめの淡いマイルドな風味が絶妙でしたね。

氷室誠二

【神尾弁当からのコメント】

氷室様 書き込みいただき、有り難うございます。ひらめずしは見た目は白 いご飯に白身の魚の切り身がのっており、すぐに味のイメージがわかない?商品ですが、食べると、白身のなんとも言えない甘さがまた食べたくなる。。。そん なお寿司に仕上げておりますが、如何でしたでしょうか?

私自身はまだ、三新軒様のまさかいくらなんでも寿司を食べたことが無いのですが、ひらめずしのほう がおいしっかったとのご意見をいただき、有り難うございます。

また、新津こられる際は、当社 年中無休(8時から17時迄)で営業しておりますので、是非 お立ち寄り下さいますようお願い致します。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 10ページ中9ページ目